ジェームス・ウェブ・ヤングの人生とは:42歳で引退できる広告スキル

知る人ぞ知る名著である「アイデアのつくり方」の著者、ジェームス・ウェブ・ヤング氏について調査レポートにまとめました。

今すぐ以下の再生ボタンをクリックして下さい。

ビデオの7分35秒、マーケティングの致命的なミスは見逃さないでください・・・

年収5億円マーケティングの全貌
今すぐ以下をクリック!
X-buddha ~ 次世代の教育者 ~

■42歳で引退生活に突入できる職業
ヤング氏は1886年、アメリカ ケンタッキー州に生を受けました。

彼は42歳で仕事を引退し、世界漫遊の旅に出ました。

わずか42歳で、仕事を引退しても問題ないだけの資産を築いた彼の職業。

それは「広告マン・マーケッター」です。

どんなにいい商品・サービスを持っていても、それを実際に広めてお客様に知ってもらって買ってもらわなければ、私たちは1円も収入を得ることができず、ホームレスになって飢えてしまいます。

「俺はこんなにいい商品を売っているんだ!」と威張っていても、周りからは「でも売れてないよね苦笑」と陰で馬鹿にされ、Facebookで投稿しても誰からもいいねがつかない結果になってしまうのです。

これは、恋愛も同じです。

どんなに背が高くてかっこよくてムキムキで、完璧なファッションで全身を固め、世の中のありとあらゆる話題に精通し、ジョークスキルも完璧な男がいたとしても、年中部屋に引きこもって誰とも会わなければ彼女はできません。

ですが、特に日本では、マーケティングやセールスと聞くと、「それって人をだますやつなんじゃないの?」とか「高齢者に高額な布団を売りつけるやつでしょ」とネガティブなイメージを持っている人が少なくありません。

特にいい商品を持っている人に限って、マーケティングを軽視し「いい商品を作っていれば必ずお客様は買ってくれる」とお堅い職人のような信念を持ち続け、結局いいものが広まりません。

その結果、マーケティングスキルだけが高い輩が、とりあえず適当に作った商品を売り付け、世の中に粗悪品が出回ってしまうのです。

マーケティングスキルは「現金直結スキル」であるため、悪用すれば粗悪な商品をいくらでも売りつけることができます。

お客様の爬虫類脳をビクンビクンと刺激し、思わず財布を開かせ、全財産をあなたの銀行口座に移動させることもできるのです。

これからお客様に対して高い価値を持つ商品・サービスを提供していくあなたは、マーケティングの力を軽視せず、お客様を正しい方向に導くためにもマーケティングを最大限活用する必要があります。

そうしないと、「とりあえず金が稼げりゃいいじゃん」と言っているなんちゃって野郎たちに、あなたのお客様が騙され被害にあってしまいます。

そうなる前にあなたがマーケティングのスキルを磨き、お客様をあなたのファン・リピーターにしておくことで、あなたはお客様に喜ばれながら多額の現金を受け取ることができるのです。

世界中のどこにいてもメールボックスを開けば常にお客様から感謝のメールが届いていて、幸せ・ハッピーな気持ちになることができます。

そこで先人に学ぶため、まずは、広告の殿堂にも名を連ねるヤング氏の経歴を見ていきましょう。

■オフィスボーイから「広告の殿堂」へ
ヤング氏は、十代前半の頃から百貨店や企業のオフィスでボーイのような仕事をしていました。

これは、貧しかったからというよりは、彼が生まれた地方では当時、早くから仕事につく青年をたたえるという文化があったためです。

成人してからも、発送係、事務員にセールスマンなど、様々な仕事をしていましたが、ある日、彼の広告の才能を見抜いた1人の人物に出会います。

アメリカ最大の広告代理店ジェイ・ウォルター・トンプソンの、当時支社長であった、スタンレー・リーザーというその人物は、彼を広告界に引き抜き、コピーライターという広告を書く職業につけました。

その後、リーザー氏の出世に合わせて、ヤング氏も出世街道を駆け抜けて同社の副社長になり、海外に展開するための任務を任せられるほどになります。

ですが、先に述べたように、ヤング氏は42歳の若さでいったん広告業界から退きます。

そして世界を旅してまわりますが、途中日本にも立ち寄ったそうです。

旅行から帰った彼は、シカゴ大学の総長に説き伏せられて、経営史と広告の教授として5年間教壇に立ちます。

やはり、才能のある人を世間は放置しておかないということです。

その後も彼は調査業務や広告業務、出版関係の仕事や研究、政府関係の委員などの仕事を手掛けます。

災害時に日本では公共広告機構(AC)のCMが流れますが、この団体のモデルであるアメリカの広告審議会(AC)を設立し、会長を務めました。

そして、死後に「広告の殿堂」として迎え入れられます。

■致命的なマーケティングのミス
以上、ヤング氏の経歴や42歳で引退できたという事実からもわかるように、広告・マーケティングという活動は、政府・民間企業問わず、あらゆるビジネスの生命線です。

もちろん、最初は個人でビジネスを行う私たちも例外ではありません。

実際にキャッシュを発生させる活動であるため、実力のあるマーケッターは非常に重宝され、多額の報酬を受け取ることができます。

マーケティングのスキルが高ければ、自分のビジネスを拡大していくことも容易です。

家族が安心していけるだけの収入を確保し、お客様への提供価値を高めることにじっくりと安心して取り組むためにも、マーケティングのスキルを磨くことが重要です。

ですが、マーケティングに関して多くの人が最初の段階で犯してしまう「ある」致命的なミスがあります。

この間違いを犯してしまうと、私たちはお金を無駄にして銀行口座の残高はどんどん減り、お客様は離れていき、最後にはホームレスにまで転落してしまいます。

日々食べるものにも困るようになり、安月給で働く奴隷生活に戻らざるを得なくなるのです。

その致命的なミスとは「ブランドマーケティング」をしてしまうことです。

ブランドマーケティングとは、わかりやすい例であればテレビCMなどです。

テレビでは、名だたる大企業がなんとなくいいイメージ、なんとなく美しい映像、楽しそうな家族の日常などのCMを延々と垂れ流しています。

幼少期からそれを見て育ってきた私たちは、「こういうイメージ戦略が成功の秘訣なんだな!」と勘違いしてしまいます。

いいスーツを着て高級車の横で腕を組んで偉そうにしている写真をドーーーンと出せば成功すると思ってしまい、そのために経費をかけてしまうのです。

ですが、ブランドマーケティングは1000億円レベルの余裕資金がある大企業にしか意味がありません。

1000億円の余裕資金ができたころには、お客様に自社を忘れられないためや、株を買ってもらいやすくするためのイメージ戦略も必要です。

なので、そのレベルの大企業になると、しっかりと戦略をもってブランドマーケティングを行うことが企業を維持することに多少は役立ちます。

ですが、それ以下のレベルのビジネスでブランドマーケティングをやっても意味がありません。

イメージ広告を流したところで、お客様からしたら「で?何?」となってしまいます。

実際問題、1000億円レベルの大企業もブランドマーケティングをやってはいますが、じゃあそれで売り上げが上がっているのかといえば微妙です。

上場している大企業になると、「お金を使わないといけない」とか「株主にいいイメージを」など様々な事情があるので、仕方なくイメージ戦略をしているにすぎません。

■大企業が大きくなった過程を見る
なので、私たちは「ブランドマーケティングが成功の秘訣」という勘違いを取り除く必要があります。

私たちに必要なのは、実際にビジネスで成功するための、キャッシュに直結するマーケティングです。

それには、大企業が「今やっているマーケティング」ではなく、「大企業になるためにやってきたマーケティング」に着目するのが正解です。

では、今は大企業となっている企業たちは、創業したての頃何をしていたか。

答えは「ダイレクトレスポンスマーケティング」です。

「ダイレクトレスポンスマーケティング」はお客様の財布から、あなたの銀行口座にキャッシュを移動させる最強のマーケティングです。

ダイレクトレスポンスマーケティングは、イメージ戦略のようなよくわからないマーケティングと異なり、本場アメリカでは科学として確立されています。

科学とは、「こういうことをすれば、こういう結果が出る」ということが実証されているものです。

つまり、ダイレクトレスポンスマーケティングは「こうやればこれくらいの売り上げが出る」ということが、科学的にテクニックとして確立されたものということです。

このスキルを身に着けることで、あなたは銀行口座にある大切な貯金を1円も無駄にせず、科学的に実証された通りの売り上げをあげることができます。

「科学を使う」祭にはセンスが入る余地がありません。

つまり、方法を知り、経験を積めば誰でもできるということです。

ダイレクトレスポンスマーケティングを学び、経験を積んでスキルを洗練させていけば、あなたは収入を自由自在にコントロールすることができます。

■年収5億円の確定申告書
イメージ戦略をしている大企業は「これくらいの売り上げです!」と言っていますが、社長の年収はせいぜい数千万円です。

一方、X-Buddhaの第3ステージでは仙人さんが社員数人で80億円以上稼いできた、ストリートで通用する本物のマーケティングマインドセット・テクニックが公開されます。

80億円と聞くと「大企業に比べたら少ないじゃん」と思うかもしれません。

ですが、仙人さんのパートナーの平秀信氏は年収5億円の確定申告書(偽造すると逮捕される)を公開しています。

一部上場企業の社長の比ではありません。

このように現実的にキャッシュとして結果が出るのが、ダイレクトレスポンスマーケティングです。

お金を稼ぎすぎて稼げていないふりをしながら、実は毎月億越えをしていたころの話も暴露されています。

Xbuddhaではこの強力なマーケティングスキルに加え、教育者としてのコミュニケーションスキル、コンテンツ作り、リーダーシップなど、あなたが成功するためのすべてを学ぶことができます。

とりあえずXbuddhaのマーケティングを見るために以下をクリック
⇒ X-buddha ~ 次世代の教育者 ~