デールカーネギーの人生とは:コミュニケーションスキル

今回は自己啓発の元祖「人を動かす」の著者を紹介します。

あまりに有名なビジネス本「人を動かす」が出版されたのは1936年です。

普通ビジネス書の命は短く、時代の波にのまれて使えなくなって行きますが、この本は今も売れ続けています。

まさにビジネス書、自己啓発本としてはバケモノ級であり、元祖といえます。

この本の著者が今回紹介する

デール・カーネギー

です。

今すぐ以下の再生ボタンをクリックして下さい。

ビデオの1分40秒で話されるカーネギーの人気の秘密は聞き逃さないでください・・・

人を動かし自分も変える教育スキルを身に着ける
今すぐ以下をクリック!
X-buddha ~ 次世代の教育者 ~

■人間関係の失敗がなくなる
カーネギーは芸術家肌であり、もともと「人間」という存在に大変な興味を持っていました。

カーネギーは大学卒業後、様々な職を転々とし世間の荒波にもまれ続けながら人間というものを観察し続けました。

彼の「人を動かす」、「道は開ける」をはじめとする数々の著書や人間関係スキルのコースプログラムなどは、そういった彼の経験が元になっています。

そのため、彼のコンテンツはすべてが経験に基づくストリートテクニックであり、実際に通用するからこそ、世界中で読まれ実践され大きな成果を上げています。

カーネギーのコンテンツの一番の主題は「会話力」です。

会話によっていかに人を動機づけ、良好な関係を築き、人を動かしていくか。

困難な状況でも周囲と協力して課題を解決し、目標を達成する。

そのためのマインドセットやテクニックが、彼や、彼が教えたたくさんの生徒たちの経験から抽出され体系化されています。

そのようなコンテンツを学ぶことによって、あなたは人間関係における失敗を極限まで減らすことができるでしょう。

妙な言動によって人に嫌われることがなくなり、逆に周囲から好かれ友達がたくさんできます。

人間関係の悩みから自由になり、ストレスフリーで安心な生活を得ることが可能となります。

■貧しい農家に生まれ役者を目指す

デールカーネギーは1888年にアメリカ・ミズーリ州で、農家の次男として生まれました。

家は貧しかったため、青年時代のカーネギーは、毎朝4時に起きて、牛の乳しぼりをしてから学校に通うという、絵にかいたような苦労人でした。

大学卒業後は通信教材のセールスをして生計を立てていました。

セールスマンとしてはそれなりに成功し、国内リーダーの地位にまで上り詰めています。

ある時講演会の講師になる夢を持ち、ある程度の貯金ができたころに退職してスクールに入学しました。

ですが、全くの鳴かず飛ばずのまま夢をあきらめ、ほとんど無一文の状態となりました。

■一文無しのホームレス寸前から週給100万円プレイヤーに
ですが、カーネギーはそこで、話し方講座の先生という天職に出会います。

といっても、当初、デール・カーネギーの話し方教室は、さんざんなもので、講義に魅力がないばかりかコンテンツにも事欠くありさまでした。

そこで、カーネギーは即興で「自分が起こるのはどういうときか、何が自分を怒らせるか」について話すよう生徒たちに提案しました。

これが大きな転機でした。

生徒たちの反応が一変し、途端に人前で堂々と話せるようになったのです。

このような細かな経験の1つ1つから、カーネギーは人間心理を紐解いていき、彼独自の手法を生み出していきました。

そして話し方教室を始めて数年後には週給100万円以上を稼ぐ成功者の1人になっていたのです。

その後、有名な「人を動かす」をはじめとする著書や、人間関係スキルを教えるコースプログラムなどを開発し、自己啓発の元祖として歴史にその名を残すことになります。

特に彼は、すでに成功しているお金持ちではなく、一般の普通の人たちを自分が教える対象としていました。

それらの人々が持つ可能性を、会話能力、コミュニケーションスキルをアップさせることによって引き出し示すことで、彼自身が成功したのです。

■日本「人」に感銘を受けた
彼は日本に四度来日しています。

「人を動かす」の後書きに彼の人間に対する興味がうかがえるエピソードが記されています。

昭和28年の夏、関西を訪れ京都を見物したのちに香港に向かう際、「日本で一番印象深かったものは?」と聞かれたカーネギーはこう答えました。

「それは日本人です」

そして、日本人の印象としては「最も礼儀正しい人たち」と答えたと言われています。

このような人間に深い関心を持っていたカーネギーの実際の経験談は、それを読んでいるだけで勇気づけられ、即効性のある薬としても活用できることでしょう。

■最初から失敗ゼロで「完璧な先生」になる方法
カーネギーが成功したきっかけでもあり、私たちが銀行口座に大量の現金を保有し、Facebookの友達申請の承認が追い付かず、携帯を開けば大量にピコピコとラインが入ってくる人気者になるために最も重要なスキル。

それがコミュニケーションスキルです。

カーネギーの著作やコースではそのスキルを学ぶことができますが、日本人のあなたはもっと完璧なお手本から学ぶことができます。

それが私も参加しているオンラインスクールX-buddha ~ 次世代の教育者 ~です。

カーネギーの著作やプログラムは実際の経験に基づくものであるため、それから学びを得やすい「現実タイプ」の人には響きやすいです。

ですが、それ以外の「なぜ、何、どうやって」の学習タイプの人には、行動を変えるほどの圧倒的な学び・気づきにはなりにくいことが予想されます。

学習タイプとは人間の学習の骨組みの概念の1つでX-buddha ~ 次世代の教育者 ~の中でも非常に重要な観点の1つです。

X-buddha ~ 次世代の教育者 ~では、学習タイプ以外にもの授業が、モチベーションタイプ、興味タイプ、情報処理タイプ、評価タイプ、ステージ理論、マズロー理論、情報認識タイプなど、最新の学習理論について学ぶことができます。

それによって、あなたは相手のタイプを瞬時に見抜き、相手にとってもっとも響きやすいトリガー単語を会話にちりばめながら、相手の潜在意識に働きかけるコミュニケーションスキルを身に着けることができます。

そして何より、X-buddha ~ 次世代の教育者 ~の授業自体がそういった人間の学習プロセスすべてを考慮して作られているため、あなた自身が気づいたら授業に夢中になっていることでしょう。

24などの海外ドラマが日本で流行したとき、「見始めると朝まで止まらない」という人が続出しましたが、X-Buddhaの授業も「聞き始めたら日が暮れていた」という人が続出しています。

そうやってあなた自身が熱中して聞いていると、いつのまにかあなたも聞く人を夢中にさせる教育者になっているわけです。

教育者としてのコミュニケーションスキルだけでなく、コンテンツ作り、マーケティング、リーダーシップなど、あなたが成功するためのすべてを学ぶことができます。

とりあえずXbuddhaの内容を一部聞くために以下をクリック
⇒ X-buddha ~ 次世代の教育者 ~