性的魅力の正体:異性を引き付ける2つの秘密 仙人さん

今回はX-buddha ~ 次世代の教育者 ~ 第6話:「愛情コミュニケーション」から、異性を引き付ける性的魅力の2つの秘密を紹介します。

あなたがこれからパートナーを見つけるにしても、冷え切ってレスになった夫婦関係に愛情を取り戻すにしても、非常に重要な内容です。

今すぐ以下の再生ボタンをクリックして下さい。

ビデオ7分1秒、魅力の2つの要素は見逃さないでください…

魅力の出し方までをコントロールする
今すぐ以下をクリック!
X-buddha ~ 次世代の教育者 ~

■魅力の正体を理解=コントロール可能
あなたは魅力的な人間になりたいですか?

答えは「Yes」だと思います。

おそらくこの質問に対して「No」と答える人は皆無で、ほとんどすべての人が「魅力的な人間になりたい」と考えています。

ですが、多くの人は「じゃあどうやって魅力的な人間になれるのか?」ということを明確に認識していません。

その結果、テレビや雑誌、ネットで見た情報を何となくうのみにして、表面的なテクニックだけで魅力的な人になろうとします。

優しくする、声を低くする、明るくする、笑顔になるなどです。

もちろんこれらには有効なものも多いです。

ですが中には、例えば「女性に優しくする」といった、実は間違ったテクニックが紛れ込んでいます。

そのような間違ったテクニックを使うと、せっかくの女性とのチャンスでミスを犯してしまい、次のデートへ誘うラインは未読スルーされてしまいます。

一方、「魅力とは何なのか」「魅力は何によってできているのか」ということを知れば、「このテクニックは逆効果だな。たぶんモテないおじさんが妄想で書いた机上の空論だろう。」と見分けることができます。

その結果、あなたはコミュニケーションにおいて失敗、ミスを犯すことがなくなります。

そして、魅力を「意識的に」コントロールすることができます。

■男性・女性問わず人気者になる
魅力を理解することで意識的に魅力をコントロールし、意識的に性的魅力を持った人になれる。

これはすごいことです。

異性を引き寄せることができるのはもちろんのこと、異性が集まるところには同姓も集まります。

私は男社会で生きてきたので女性グループのことはあまりわかりませんが、少なくとも女性にもてる男性は男性にも尊敬されて男性が集まってきます。

人はメリットしか選びませんから、女性にもてる男の近くにいると何となく良さそうだと意識・無意識レベルで感じているからだと思います。

あなたが女性なら、女性の中で男性にもてる女性はどうなのかぜひ教えてほしいのですが、少なくとも男性にもてる女性は、さらにどんどんキレイになっていくのは間違いありません。

あなたにパートナーがすでにいるのであれば、魅力をコントロールすることで、パートナーにじわじわと性的魅力を感じさせることができます。

その結果、30日後には「あれ?最近なんか変わった?」と言われ、そこからまたじわじわとロマンチックな日々へと戻っていきます。

また、性的魅力のある人というのは、子供からも無意識レベルで尊敬され好かれます。

子供は無邪気ですから、表面的なものではなく、奥底にある性的魅力というものを本能でしっかりと感じます。

例えば、あなたが中学生・高校生だったころに、ちょっと怖いんだけどやたら生徒から人気で信頼されている先生が1人や2人いたはずです。

そういった先生は魅力の方程式の一部をしっかりと満たしているため、私たちはそれを本能で感じてその先生が好きになっていたわけです。

あなたが魅力について理解すれば、この状態を意識的に作れます。

魅力を理解するのはそれだけパワフルです。

■あなたは自然に性的魅力を出せる
では、そんな人を惹きつける性的魅力とは何なのか。

実は、私たちは本能的にそれを知っていて、本来は自然に振る舞っていればそれで十分です。

ここで、少し考えてみてください。

言われてみれば当たり前のことですが、私たちの両親も、その両親も、そのまた両親も、古来から延々と子孫を残してきました。

性的魅力がなく、子孫を残せなかった人たちはそこで絶滅しました。

つまり、あなたも私も、着実に子孫を残してきた、いわばセックスのプロの末裔であり、それが遺伝子に刻み込まれています。

なので、私たちは本来、特に意識しなくても普通に振る舞っていれば、それだけで異性に魅力を与えることができるはずです。

ですが、現代では高度に社会が発達し、様々なルールができ、私たちの性的魅力を抑えつけるような風潮が加速しています。

行き過ぎた男女平等主義、上下関係の廃止、性的なものへの極度の嫌悪感の植え付け。

晩婚化、少子化、学級崩壊など、近年の様々な問題の背景には、これらの社会的風潮からくる、人々の性的魅力の低下が深く関係しています。

私たちは魅力を感じる相手からしか学べません。

魅力を感じる相手としか一緒にいたいと思いません。

当たり前ですね。

例えば武道の世界では上限関係がはっきりしていますが、だからこそ生徒さんは先輩や先生を尊敬していて、真剣に学ぶことができます。

一方、最近の学校では先生が怒れなかったり、「上下関係はダサい、古い」という風潮が蔓延したりで、生徒さんが真剣に学びづらくなっています。

先生は尊敬を失い、かっこいい憧れの人ではなく、ただ授業をする人、良くて友達に格下げされています。

■性的魅力=〇+〇
あなたが性的魅力を発揮するには、言ってしまえばこのような社会的風潮の呪縛を解き、本来の魅力を解放するだけです。

特に以下の2つを取り戻すことが性的魅力という意味で重要です。

1.社会的ステータス
2.男女としての違い

■1.社会的ステータス
1つ目の社会的ステータスというのは、要するに上下関係とか権威性があるとか、尊敬できる恰好や話し方をしているかとかそういったことです。

ステータスが低く、オドオドしていて、話し方も不自然だったら、それだけでもう終わりです。

魅力はゼロです。

一方で、例えば先生が堂々としていてステータスがあって、上下関係がはっきりした状態で「そこに座りなさい」と言われたら、生徒さんは「怖い」と思いながらもその先生を尊敬し、真剣に学ぶことができます。

これは非常に大事なことで、仲良しこよしのお友達グループでは人に何かを教えることはできません。

念のため勘違いしないでほしいのですが、仲良しこよしが悪いという意味ではなく、性的魅力はそこにないということです。

また、あなたが女性であれば特によくわかると思いますが、男友達にしたい人と、恋人にしたい人と、実際に関係を持った人は全く違うと思います。

男友達であれば多少ナヨナヨしていても、優しかったり、お願いを聞いてくれて、「へーそうなんだー!」と女性のように共感してくれたら十分でしょう。

そして表面的にはそういう人を恋人にしたいと思っているかもしれません。

ですが、実際に今まで付き合ったり、付き合っていないけど関係を持った人を思い返すと、そうではない人が混じっているはずです。

ステータスが高く堂々としていてたまに命令されると、本能的に性的魅力を感じ「怖いし嫌な人なんだけど、なぜか好き」となってしまいます。

そういう男は逆に男友達としては無理だと思います。

男友達には無理だけど、なぜか惹かれてしまう。

それがまさに社会的ステータスを持った、性的魅力を持つ男です。

なので、逆にあなたが男性で、女性と友達になるのではなく性的魅力を感じさせたいのであれば、女性が表面的に言っていることは無視した方がいいです。

一番代表的なものとして女性が「優しい人が好き」というのがあります。

これを表面的にとらえて、お願いを聞くとか、話をうんうんと聞くといったことをやっても友達になるだけです。

おそらく女性は、性的魅力を持った男性が本質的に持っている、深い部分での優しさのことを言っています。

ですが、多くの男性が言葉尻だけをとらえて表面的に優しくしてしまい、俗にいう「いい人どまり」の状態に陥っています。

女性が「あの人いい人だよ」という男ではなく、ひそかに憧れている男。

そちらを参考にする必要があります。

そのような、女性が性的魅力を感じる男性は、同じ男からすると「少し怖い」とか「近寄りがたい」とか、「怒られそう」とか感じることが多いです。

それこそがまさに性的魅力なので、そういう男を発見したら「ラッキー」と思ってください。

その男が女性に対してどういう言動をしているのか観察するのが正解です。

2.男女としての違い
これは一言で言ってしまえば、男性は男性らしく、女性は女性らしくなるということです。

最近の教育の現場では、生徒さんに性的魅力を感じさせてしまうような恰好を先生がするのは禁止レベルでタブーです。

ですが、少しそれを離れた予備校などの現場では、毎回の授業にミニスカートで登場する女性の先生が、ネット指名数で全国No.1だったりします。

このように、どんなにきれいごとで押さえつけようとしても、やっぱり私たちは異性としての魅力に惹かれてしまうんですね。

これが現実です。

例えば、私が通っていた、今もたまに行く心理学のコースを主催する協会があるのですが、そこは今すごい勢いで拡大しています。

先生は9割女性で、生徒さんも9割女性ですが、先生も生徒もグレーのスーツで髪を束ねて、アクセサリーなしの恰好で授業に来る、なんてことは間違ってもありません。

女性らしい服装、色使いで、アクセサリーも程よくつけ、髪もフワフワで動きがあります。

それでいて、しっかりと先生は先生なので、ワークなどではビシッと指摘が入ります。

女を捨てたキャリアウーマンではなく、女性らしさを増しながら仕事でも成功するという、新時代のスタイルの始まりを感じました。

だから男の私としても毎週の授業が楽しみでしたし、女性の生徒さんたちもおそらく「こういう女性らしい先生になりたい」と思って通っていたんだと思います。

人はこのように本能的に性的魅力を感じる相手からしか真剣に学べません。

同じ女性同士であっても、グレーのスーツを着た男っぽい女性が先生では「こんな女性になりたくない」と本能が拒否してしまうんです。

なので、TPO的にやるとまずいとか、仕事を首になるとかであればもちろん控えた方がいいですが、それ以外の場面で性的魅力を抑える必要はありません。

男性らしく、女性らしく振る舞うことを躊躇せず、あなたの本来の魅力を出してください。

「で、具体的には?」という声が聞こえてきそうなのですが、男性らしさ、女性らしさというのは、話し出すと1日では足りません。

ただ、そうはいってもあまりにぼんやりしているので、男性らしさ、女性らしさのキーワードを挙げておきましょう。

男性らしさ、男性エネルギーとは、「すべてに意識的」、「過去でも未来でもなく今に生きる」、「深み」、「安定感(ちょこまか動かない)」、「強いボディーラゲージ、アイコンタクト」などです。

女性らしさ、女性エネルギーとは、「動き」、「輝き」、「光沢」、「鮮やか」、「色気」、「セクシャル」などです。

男がちょこまか動いていたら違和感がありますが、女性は動きをつけることで女性らしさが増します。

いつの時代も女性は髪をまいたり、ふわっとさせたりするのは、本能的にそれをわかっているからでしょう。

そして、女性はスポットライトを浴びて、注目されて男性に追いかけられるほど、さらに美しく女性らしくなっていきます。

スカートにヒールを履いて、黒やグレーではなく鮮やかな色の服を身にまとい、胸元をちょっと意識してアクセサリーをつける。

これから社会的に仕事でも成功する女性は、女を捨てたキャリアウーマンから、そのような女性らしい女性にシフトしていくでしょう。

男性は男性らしく、女性は女性らしくという一昔前であれば当たり前だった考え方をもう一度取り戻す。

そして、特に人に何かを教えるという場合は、社会的ステータス・上下関係を恐れずに意識的に作ること。

これが、あなたの性的魅力を引き出し、あなたが周囲を惹きつけるための2つのピースです。

少しマインド・考え方寄りなのですぐにはピンと来ないかもしれません。

ですが、これを意識していれば30日後には、異性から「あれ?なんか最近変わった?」と気づかれるレベルには性的魅力が漏れ出るあなたに変化しているでしょう。

私も魅力について本格的に学んだのは高校生の頃でしたが、実際に30日くらいで同級生から「なんか最近変わったよね」と言われました。

体育のマットの時間だったのですが、今でも鮮明に覚えています。

このように魅力について知って理解すると、知らず知らずあなたは性的魅力を増していきます。

X-buddhaではこのように、教育者として成功するために性的魅力すらも利用し、あなたがそこにいるだけで人が勝手に引き寄せられてくるような、魅力的な人間になるための土台を3か月かけて第1ステージで整えます。

今回、触りの部分だけ一部解説したように、コミュニケーションや人間的な魅力を細かく分解し、まずは考え方から、そして最終的には具体的なテクニックレベルにまで落とし込んでいます。

本質的な考え方を最初におさえているからこそ、危険な具体的なテクニックも惜しげもなく暴露されているのです。

教育者というのは、人をいい方向に導くために、あらゆる心理テクニックを使う必要があるからです。

これによって、あなたは「意識して」魅力をコントロールし、人を惹きつけるだけでなく、実際にその人たちに影響を与えることもできるようになります。

それがどんな関係であれ、会う人すべてをあなたのファンにして、ビジネス、恋愛すべてであなたが主導権を握ることができるでしょう。

両親や子供など、一番大切な人達の人生もいい方向にコントロールし、尊敬され感謝されるあなたになることも可能だと思われます。

とりあえずX-buddhaの内容を一部「ただ」で聞いてみる
⇒ X-buddha ~ 次世代の教育者 ~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です