情報処理 タイプ別カメレオンコミュニケーション 仙人さん

今回はX-buddha ~ 次世代の教育者 ~ 第2話:「動物コミュニケーション」から、人が情報を認識するパターンに応じてコミュニケーションを変えるという最新のテクニックをシェアします。

今まで聞いたことのない強烈な内容です。

今回の話を知ることで、私たちは話している相手のコミュニケーションのタイプを理解し、相手にとって一番伝わりやすい話し方が分かるようになります。

■週末独りぼっち

私たちの生活のほとんどは他人とのコミュニケーションによって成り立っています。

直接会って話すだけでなく、電話やメール、最近であればインターネット上でのSNSなど、私たちは常に他人とつながっています。

だからこそ、私たちの銀行口座の残高も、毎日来るメールの数も、毎日自由に自分の好きなことができるかどうかも、すべてコミュニケーションスキルにかかっています。

話している相手が一番理解しやすい方法でコミュニケーションをとることができれば、あなたは嫌われることがなくなり、人気者になっていきます。

お客様や上司とうまくコミュニケーションがとれるようになることで、仕事でも認められ、同期の出世競争でナンバーワンになり、女性社員からは憧れの目でみられます。

飲み会ではあなたの横に座りたい女子社員が続出するでしょう。

逆に私たちのコミュニケーション能力が低いと他人に相手にされません。

新しい仕事のやり方を聞いても適当に教えられ、失敗まみれになってしまい「こんなこともできないの?」と失望されてしまいます。

誰からも誘われず、週末は家でカップラーメンを食べながら、一人でテレビを見て過ごすはめになってしまうのです。

なので、話している相手のタイプを見抜くミュニケーション術をマスターしてください。

今すぐ以下の再生ボタンをクリックして下さい。

ビデオの5分48秒で情報処理のパターンを暴露しています…

失敗ゼロで出世し女子社員からモテモテになるコミュニケーションの秘密
今すぐ以下をクリック!
X-buddha ~ 次世代の教育者 ~

■言葉、単語の限界
私たちは産まれたときから自然にコミュニケーションをとってきたため、それについて意識してきませんでした。

自分が言った言葉を相手が違う意味で捉えているとは夢にも思わず、それによってミスコミュニケーションが発生しすれ違いが起きていることに気づいていなかったのです。

ですが、私たちが行っている日々のコミュニケーションの95%は何らかのミスコミュニケーションです。

「私はこういう意図でこう言った」と思っていても、相手は全く違う意図でとらえ、あとで聞いてみると全く違うことを言ったかのように伝わっていることが多々あります。

この大きな原因の1つが言葉、単語に頼ってコミュニケーションをとっていることです。

有名なメラビアンの法則ではコミュニケーションの中で言葉が占める割合は10%であると言われています。

残りの90%の要素は声のトーンや表情などのボディーランゲージが占めています。

この実験や実験結果の解釈に関してはいろいろな意見がありますが、言葉や単語だけに頼っていてはミスコミュニケーションが多発するのは確かです。

■意識するだけで1%の勝ち組に入る
ボディーランゲージや、言葉を使うにしても「どうやったら相手に伝わりやすいか?」という視点を意識することでコミュニケーションは円滑になります。

コミュニケーションの方法について教える本やセミナーは世の中にたくさんあります。

ですがその多くは、ミラーリングやオウム返しなど単純なNLPに基づくもの、どういった話題が好まれやすいか、どうやって質問すればよいかなど、自分がどうすればよいかという視点で書かれた小手先のテクニックばかりです。

相手のタイプや世界観を知り、相手に一番伝わりやすい方法でコミュニケーションを変えていくという視点は、ちまたのなんちゃってコミュニケーションセミナーでは学ぶことができません。

だからこそ、X-buddha ~ 次世代の教育者 ~で相手のタイプに合わせた変幻自在のカメレオンコミュニケーション術を学び、それを意識することができれば、あなたはコミュニケーション能力で世間のトップ1%に一気に躍り出ることができます。

コミュニケーション能力が私たちの成功の一番のキーですから、「トップ1%のコミュニケーション能力を身に着ける = あなたはトップ1%の勝ち組に入る」です。

同窓会に顔を出せばみんながあなたと話したくて近寄ってくるため、それを見たあなたの初恋の人もあなたに言い寄ってくるかもしれません。

■情報処理タイプ
今回はここで、私がX-buddha ~ 次世代の教育者 ~第2話:「動物コミュニケーション」で学んだ秘密をこっそりとあなたにシェアします。

それは人間の4つの情報処理タイプです。

私たちには爬虫類脳、哺乳類脳、人間脳という3つの脳の階層があるという話を第1話で解説しました。

話している相手がどの脳の階層をメインで使ってコミュニケーションをとっているかによって、どういった話が多くなり、どういう話し方をすれば好まれるのかが分かります。

それに加えて第2話の内容では情報処理タイプも合わせてさらに効果的なコミュニケーション術を構築していきます。

情報処理タイプには以下の4つがあります。

1.視覚:見た目、ルックス、どう見えるか

2.聴覚:音で判断

3.行動:アクション、やってみないとわからない

4.ロジック:ロジックさえあればいい

視覚タイプの人は目で見たことの話しが好きです。

景色がいいとか、あの人は身長が高いとか、いいバッグを持っているなど、視覚から入ってきた情報が頭に残りやすいタイプです。

聴覚タイプの人は逆に耳で聞いたことがメインです。

あの町は音楽の音色が響いていたとか、あの人の声はきれいだなどです。

行動タイプの人はアクションの話が多くなります。

どこそこに行ったとか、あの人と一緒にサッカーをしたなどです。

そして自分が学んだこともまずは行動で落とし込んでやってみたい人が多いのが特徴です。

最後にロジックタイプの人は理屈、理論が好きです。

つじさんとつまさんをとにかく合わせたい人です。

理屈、理論で納得できないと動かないタイプでもあります。

この4つの情報処理タイプと3つの脳の理論を組み合わせることで、相手がどういうコミュニケーションを好むのかがさらに明確になります。

それに合わせてコミュニケーションを行うことでその相手から信頼を勝ち取り、思い通りの関係を築くことができます。

■感じたこと、学んだこと
X-buddha ~ 次世代の教育者 ~ 第2話:「動物コミュニケーション」を聞いてまず感じたことは、コミュニケーションの取り方は本当に人によって千差万別なんだなということです。

2話まででは3つの脳の階層と、4つの情報処理タイプだけですが、X-buddhaでは3話以降でほかにもさらにたくさんのコミュニケーションタイプと、それらの見分け方、合わせたコミュニケーションの取り方が話されます。

そうやってしっかりとコミュニケーションスキルについて学び、「意識的なコミュニケーションをとる」ことで相手に伝えたいことを最大限伝えることができます。

これだけ聞くと「そんなに意識しすぎて話したら疲れる」と思ってしまうかもしれません。

ですが、コミュニケーションについて学ぶことは、さらなる成功を目指し上に成長の階段をどんどん登っていく私たちの責任です。

そして、コミュニケーションを学ぶからこそ、私たちはこれまでの限界を突破し、あなたは物事を次々と達成していけるのです。

だからこそ、しっかりとコミュニケーションについて学んで1つ1つ着実にマスターしていこうと思いました。

また、そういったコミュニケーションについて学ばず、相手に伝わらないのはすべて自分の責任であるということを再認識しました。

特に、これから人に何かを教えていくためには、教えている内容さえよければいいわけではなく、それをどうやって生徒さんに伝えていくのかというコミュニケーションのスキルも非常に重要であることがわかりました。

私たちがこれから人に何かを教えていく際には、自分の持っている知識や経験、スキルを生徒さんにうまく伝える義務があります。

そのために、自分が教育者としてふさわしい世界観、セルフイメージを持ち、五感から1つ1つ教育者に変化していこうと改めて思いました。

あなたもX-buddhaに参加し表面的なテクニックではなく、本質を学びカメレオンコミュニケーションをマスターしてください。

X-buddhaでは相手の情報処理タイプを一発で見分けるための秘密の質問や、ウソ発見器についても暴露されています。

Xbuddhaの内容を一部聞くために以下をクリック
⇒ X-buddha ~ 次世代の教育者 ~